精神世界ニュース掲示板の続き

精神世界ニュース掲示板の続き

資料)(似非ヒーラー)全共闘の委員長(テロ犯)から新聞記者、セールスマンなど? - Foutchi

2018/05/16 (Wed) 20:42:31

インチキ教祖・教団の手口(その14)
(2).高級っぽさを演出する記号

⑤.国連

 多くの人は国連を権威ある機関であると認識し、「一国の代表でもないのに、国連で講演した」と聞けば、その人物は世界的な認知を得ていると判断しがちである。

 しかし、例えば、ウチでツッコミを入れている中では、次の人物が国連で講演を行っている。

   イハレアカラ・ヒューレン (ホ・オポノポノ) (*1)

(*1)
下記リンク先のプロフィールに「国連、ユネスコをはじめ、世界平和協議会、ハワイ教育者協会など様々な学会グループと共に何年にも渡りホ・オポノポノを講演」とある。

 ○「対談:イハレアカラ ヒューレン氏×中西研二(第1回)」 (HP「NPO法人 JOYヒーリングの会」)


 また、他にも、統一教会の文鮮明も国連で演説を行っている。



2001年1月27日 国連本部及び各国会場で4億組第2次国際合同祝福結婚式を開催。

 講演を行うどころか合同結婚式まで開催している。

 さらに、Wikipedia「世界基督教統一神霊協会の年表」には記載されていないが、国連自由権規約人権委員会は2014年7月24日、日本における統一教会信者の拉致監禁問題に「憂慮」を表明し、「有効な手段を講ずるべき」と日本政府に勧告を行った。(※参考:やや日刊カルト新聞「国連自由権規約人権委員会の“トンでも”勧告に、全国霊感商法対策弁連が声明 (2014.8.1)」)

 各国からカルト認定されている統一教会でさえ(*2)、もはや、やりたい放題と言った感がある。

(*2) 統一教会がカルトと分類された例
○オーストリア連邦環境・青少年省(1996)
○ベルギー議会調査委員会(1997)
○フランス国民議会委員会報告(1995)(フランス国家警察の情報機関総合情報局が、複数のセクト監視グループと編集)
○フランス国民議会委員会報告(1999)(カルトと金銭に関するフランス議会報告、30数団体にし注意を集中させ調査した)
○ドイツベルリン上院報告(1997)
○中国共産党中央弁公庁報告(2014)


※参考:Wikipedia「世界基督教統一神霊協会」 6宗教活動 6.5セクトまたはカルトと分類された例

<参考> 統一教会関連の国連NGO
<宗教関連>
○世界平和超宗教超国家連合 (国連経済社会理事会の特別協議資格を持つ)

<ボランティア関連>
○世界平和女性連合
○非政府組織世界協会

<学生・青年組関連>
○世界平和青年連合

※参考:Wikipedia「統一教会関連の企業と団体」
※国連NGO ・・・ 国際連合と連携を行う民間組織 

 さらに、日本の新興宗教(※新宗教・新新宗教も含む)ついて、国連との関係をざっと調べてみると次の通りである。(※あくまで、「ざっと」調べただけなので留意願いたい)

<創価学会>
(略)


02/03/2012」 (UNEP(国連環境計画) HP)

 このように、国連での演説など結構、ありがち。

 管理人は国連のことはよく分からないが、宗教団体は人と金があるので、おおよそ、次のような流れが教祖の国連演説を実現するオーソドックスな流れではないかと推測する。


①人権、平和、環境等に関するNGOを設立

②それっぽい活動&国連(関連組織も含む)への寄付

③国連NGOとして認められる

④国連にてNGO主宰のイベントを開催し、NGOの代表として教祖が演説


 以上、少なくとも国連に対する過大評価や過剰な期待を控え、「国連で演説した!」という話を聞いても、それを判断の材料にしない方が良いだろう。
http://tukkomi.takara-bune.net/kosatsu/teguchi34.html

ヒーリング・癒しサイト

草加・統一から大量に入り込んだメンバーが宗教団体を隠れ蓑に次に次に犯罪を犯す。


中西某のヒーリングの会。

因みに「ワンネスディクシャとは、インドの聖者カルキ・バガヴァンが、人々を苦しみから解放するために始めたエネルギー伝授のこと。」

最初に見たとき、オウムの麻原を思い出しました。オウムが形を変えて復活しているのか????

「バガヴァン」の写真の霊力のお蔭で命拾いしたと語る福島の「被害者」は、自分の会社のトレーナー(唖然!)・・・・

自作自演とはこういうこと?
ケイミズモリなども・・・
http://www.asyura2.com/12/cult9/msg/771.html

東久邇宮記念賞 東久邇宮文化褒賞 受賞 - NPO法人JOYヒーリングの会
https://joyhealing.or.jp › 中西研二 (なかにし・けんじ

中西研二の長年にわたるヒーリング活動が国民の健康促進に貢献したと評価を受け、『東久邇宮記念賞』を受賞



中西 研二(なかにしけんじ)

1948年東京生まれ。NPO法人『JOYヒーリングの会』理事長。(有)いやしの村東京代表取締役。ヒーラー。ワンネス・ディクシャ講師。全共闘の委員長から新聞記者、セールスマンなど
https://www.voice-inc.co.jp/content/book/1002

全共闘/恥知らずな輩 【賢者の説得力】
kenjya.org/kokunai7.html
全共闘. 全学共闘会議の略称。 1968~69年の大学紛争に際し 諸大学に結成された学生組織。 (広辞苑より) かつての企業爆破テロやハイジャック犯、 いい年こいて今沖縄で暴れている 過激な新左翼などは 大半が全共闘の暴力学生だったのだ。



名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
アイコン
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.