精神世界ニュース掲示板の続き

精神世界ニュース掲示板の続き

敗訴ピース又吉低能脳2万に一人と捏造してもアンタら敗訴又吉の小説「それ」だから。 - 布置将臣

2018/02/06 (Tue) 18:41:32

いくらイルミーが
言語のノウがちがうんだ!

又吉のノウミソは
言語的センスが
弘美の虹子のタキノのセンススパニッシュオムレツなんだぞ!
大王さまだ!天才だ!

とかいってもジャップって

国語の読み書きすらできないじゃーん

あの火花で「才能」才能

とか周囲が連呼してほんと


身の丈に合った「単語」がつかえないんだね弘美一族は



何の言語的才能もみあたりませんけど
科学的にみて。

創価学会が科学とかやるな。

タモリは自殺しろ

敗訴ピース又吉低能脳2万に一人と捏造してもアンタら敗訴又吉の小説「それ」だから。 - Foutchi

2018/02/06 (Tue) 18:58:34

現代の小説家は頭ででっち上げた空疎な文章を連ねて見せかけの体裁を整えた文芸作品を発表し続けているが、
そのような中身のない小説が現代を真摯に生きている読者に感銘を与えることはない。


★新しさを装った詐欺師のようなエセ作家が
★空疎で中身のない小説      (ポエム)
を新しいものとして喧伝する
という悪循環に陥っている。


芥川賞、三島賞、谷崎賞といった有名作家の名前を冠した文学賞があるものの、
芥川の文体に似ているとか三島の思想を継承しているとかを考慮されるわけでもない。

○○賞と冠する意味はほとんどなく、違いは賞の知名度と賞金くらいしかない。

それも読者とは関係のないところで、出版社の都合で受賞者が決まる。


芥川賞作家と呼ばれる作家は大勢いるものの、


@@賞作家という冠をはずしたらその作家自体にどれほどの知名度と価値があるのだろうか。
5年前の受賞者はもう誰も覚えてないのではないだろうか。


そもそも世に送り出す才能がないような文芸誌は存在する意義がない。
ただ雑誌を存続させるためだけに惰性で仕事をしているなら本末転倒である。



本の帯や裏表紙に「傑作」という宣伝がある場合が多いものの、

これにも編集者の劣化が見えた。作者が自分で傑作だということはほとんどないので、

編集者が勝手に傑作扱いしたのだろうけど、いったいこの編集者は何の基準で傑作だと判断したのか。

作者が生涯書いた小説の中での傑作なのか、それとも古今東西の全作家の全作品と比較してもなお傑作だといえるのか。


前者ならもうその作者の小説は読む価値がないし、後者ならこの編集者が担当した小説は全部読む価値がないだろう。

他にも軽々しく傑作を宣伝文句にする小説は多数あるけれども、それのほとんどが私にとっては読む価値のない駄作だった。軽々しく傑作という言葉を使う編集者が担当するような小説が駄作になるのも必然なのだろう。そもそも小説は個々の読者が価値を判断するものだし、作者はそのことを良く知っているはずである。作者にとって思い入れのある作品だとか、そんなのは読者にとってはまったく関係のない話で、読者は自らの人生経験と照らし合わせて無数の本を読んだうえで、自分にとっての傑作を見つけ出していくのだ。編集者や書評家が傑作認定した小説に読む価値があるのではなく、読者が自分で傑作だと思った小説こそ読む価値があるのだ。軽々しく傑作を宣伝文句にする編集者は読者を馬鹿にしているか、小説の本質をまったく理解していないのではないかと思う。
不動産業界だと宅地建物取引業法で誇大広告は禁止されていて、


「抜群」「完璧」といった主観的な言葉を広告に使えなくて、
代わりにマンションポエムなるキャッチコピーをコピーライターが考案しているという。

さて小説の「傑作」という宣伝文句はどうか。

匿名の編集者の主観丸出しで、傑作と呼ぶ根拠も十分に説明されていない場合がほとんどで、

売れさえすれば読者が駄作と思おうがかまわないという悪質なやりかたである。

編集者が実際にその小説を傑作だと思っていたとしても、マンションポエムのキャッチコピーにも劣る
工夫のない陳腐な宣伝文句にしかなっておらず、誇大広告で読者をだますような不誠実な宣伝文句は逆効果でしかない。

・純文学業界は自浄作用が働かない

雑誌が売れなくて万年赤字でも廃刊することがないという状態に慣れきってしまっていて、文芸誌は読者を増やそうという気がない。生存競争が激しい他の雑誌と違って、出版社間での競争も起きていない。発行部数は横ばいのまま、ヒット作を掲載して発行部数が増えるということもなく、ただ雑誌存続のためだけにほとんど読者のいない雑誌が惰性で発行されている。
文芸誌はかつて新人排出としての役割は果たしても、今はろくな新人が育っておらず、編集者に新人作家を育てる力もなくなっている。看板は同じでも料理人が変わって味が落ちたレストランのようなもので、いくら伝統があっても中身が伴っていないのでは存在価値がない。
編集者の劣化は、出版社が編集者を増やして雑務の負担を減らして作家と付き合う時間や本を読み込む時間を増やしたりして優秀な編集者を育てることでしか防げないものの、出版社は売れない純文学には力を入れていないから、優秀な編集者が育っていない。

そのうえ、文学賞の選考委員も長い間居座って入れ替わりが乏しい。選考基準が不透明で主観的な上に、技術的評価とは関係のない作家同士の個人的な因縁による好き嫌いで作品が判断され、一部の声が大きい選考委員が恣意的な選考を続けている。
その文壇の利権と腐敗の象徴となっているのが芥川賞だろう。芥川賞受賞作が売れなくても、選考委員が売れ行きに責任を持つわけでもなく、読者に受け入れられないくだらない小説を世に送り出し続けている。誰も責任をとらない合議制での選考スタイルで、選考委員の誤読を指摘したり偏向的な選考を矯正したりできるような選考自体の監督責任者がいない。この旧態依然とした合議制の選考スタイルに誰も疑問を持たないのだろうか。編集者が直接選考したら客観的な評価ができずに自社の利益になる作家が選ばれてしまうから、無関係な作家や評論家に最終的な選考を託すというのはわかる。しかしその受賞作を決める最終選考の前の、候補作を絞り込む段階で出版社の利害に基づいた恣意的な選別が編集者によって行われているのだから、いくら最終的な判断を作家に託しても意味がないのだ。受賞作がつまらない場合にはそれを選んだ選考委員の作家が読者非難の矢面に立つものの、作家の側にしても、どうしてこんなものを候補に挙げるのだと怒るようなものを編集者が候補に選んでくるというのだから、純文学が衰退している根底の原因は編集者にあるのだろう。
また、批評家にしても自分の感性で素直に小説を批評せず、出版社の御用聞きの宣伝担当になってしまっている。批評家はくだらない小説のくだらなさには触れずにいい所だけ紹介して、書評にだまされて本を買った読者はますます純文学への信用を失っていく。
編集者も、選考委員の作家も、批評家も、自分の利益のために仕事をしていて、読者にとって最高の作品を送り出すために仕事をしていないのだ。大塚英志や東浩紀らの出版業界人からも、一般読者からも純文学に対する様々な批判の声が上がってきたものの、それすら編集者には届いておらず、何も改善の兆しがない。
漫画ではアンケートハガキや人気キャラ投票で読者と作者や編集者が交流している。読者アンケートに賛否両論はあるものの、人気のない漫画はたとえベテラン漫画家でも打ち切られて、その分新人の発表の機会が増え、漫画家の新陳代謝がおきている。
一方で、純文学では実力主義でも人気主義でもなく文壇の力関係が優先されて、読者の声は作家にも編集者にも届いていない。長く書いているだけがとりえのベテラン作家がくだらない小説を連載して小遣いを稼いで、文学賞の選考委員に何年も居座って幅をきかせている。作家の新陳代謝がないということは、読者の新陳代謝もないということだ。


純文学雑誌が主催する新人賞が才能ある作家の発掘の役割を果たしておらず、


ゴミのような小説       

を平然と世に送り出す
編集者の審美眼もあてにならないとなると、


既存の純文学誌には何も期待できない。期待できないどころか、
既得権益化した文壇は才能の発掘・育成にとっては

障害となるからむしろ廃刊してゴミ作家とゴミ編集者を一掃してほしいとさえ思っている。

 ∧ ∧
(=‘ω‘ =)
https://plaza.rakuten.co.jp/sankakuneko/5000/

★新しさを装った詐欺師のようなエセ作家が
★空疎で中身のない
小説(ポエム)
を新しいものとして喧伝する
という悪循環に陥っている。





天才なら

芥川賞やその五大文芸誌とやらに対して
「どれも低レベル過ぎて興味無い」と思うかもな

つまり真の天才作家がいた場合、
芥川賞ノミネート拒否するというよりも、

そもそも真の天才は芥川賞候補作の選出元である5大文芸誌のいずれもが眼中に無くて
自身の文学作品を初めからそれら五大文芸誌に送らない

http://burusoku-vip.com/archives/1790044.html






「★手伝っている」という意識しか持たない人です。

★プロ意識がない人★といいましょうか。



当事者意識や危機感を実感として持つことができないという症状

は、多くの組織で見られます。

このような当事者意識の欠如を招く三大原因として、

自己正当化(「自分のせいじゃない」)、

現実逃避


当事者意識がない人というのは、実際にはその仕事やプロジェクト

に関わっているのに、まるで他人事のような振る舞いや発言をする人を表します。
その原因は、様々です。
環境がそうさせてしまっていることもありますし、

もともとそういう人だった、なんて事もあるでしょう。


これらの人は普段の生活から仕事まで、

全体的に当事者意識を持たないように生活しています。


当事者意識を持っていない人は、ほぼ例外なく言い訳をします。




仕事をしているうえで、とにかく責任を持ちたがらない人も存在します。
紙媒体などに役割を明記しても、自分より下の人間に丸投げするなどあの手この手で当事者から逃げようとします。
こういうタイプには「人物相関図」を見せることが有効です。
「人物相関図」を使うことで「あなたにはこういう役割があるんだから、当事者意識を持ってもらわないと困る」

http://the5seconds.com/sense-of-ownership-10004.html

新聞社等スパイによる世論工作

一般人の工作員化[編集]

上記のような大手メディアの工作員は一般人である。
それを工作員化する方法については
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%92%E3%83%B3%E6%96%87%E6%9B%B8



www.elanalistadeportivo.com/uncategorized/資格保有者/
Translate this page
多くの主婦パートタイム~ にとっては、
経験だけで試験をパスできるというわけにはいかないことは明白で、
... 軽いパ ト気分の主婦~の
★プロ意識の欠如や
★常 識のなさが大きな問題点として認識されているという。


内容がないの同義語 - 類語辞典(シソーラス) - Weblio類語辞典 - Weblio辞書

thesaurus.weblio.jp › 類語辞典 › 類語辞書

Translate this page内容がないの言い換えや別の言い方。
・意義素類語物事に
意味や内容があまり感じられないさま
意味のない ・ 中身の薄い ・ 中身のない ・
中身を伴わない ・ 空しい ・ 無為な ・
無意味な ・ 意味がない ・ 実のない ・
空っぽの ・ ...


https://kotobank.jp/word/御里が知れる-452154
Translate this pageデジタル大辞泉 -
御里が知れる
の用語解説 -
言葉遣いやしぐさによって、その人の生まれや育ちがわかる。


www.zakzak.co.jp/society/domestic/.../dms1105191547016-n1.htm
Translate this pageMay 19, 2011 -
従業員になりすましては、
都内の老人の家を訪れる手口。
「お孫さんが旅行代金を振り込まれていないので、
あなたが立て替えてください」と現金をだましとっていた。
被害総額は、実に600万円。



日経新聞元幹部社員ら、詐欺容疑で逮捕

 日本経済新聞社の元社員が、実体のない会社を設立して高齢者などを雇ったと偽り、国の助成金約500万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は13日、東京都西東京市下保谷、元同社販売局部長相当職、森明(58)、千葉県船橋市若松、無職小石忠(67)の両容疑者を詐欺容疑で逮捕した。

 調べによると、森容疑者らは2004年7月、知人らが役員に就いている「アロール出版」(東京都中央区)で、高齢者などを雇用したと偽り、独立行政法人「高齢・障害者雇用支援機構」(港区)から、助成金約500万円をだまし取った疑い。

 同社は03年9月、広告宣伝などを目的に設立されたが、
★営業実態はなかった。
http://musyoku.com/bbs/view/1158141910/

★当事者意識がない人の特徴や原因
 
「当事者意識」とは、与えられた仕事なり雑用なりが

自分の仕事と思っていない人を指します。

具体的には、その仕事は★上司の仕事であって、

それを「★手伝っている」という意識しか持たない人です。

★プロ意識がない人★といいましょうか。


https://www.facebook.com/pages/妄想小説作り
/336394576436919 - Translate this page
妄想小説作り.









つまらない小説の法則

子ども向けの児童小説なのに悪が勝ってしまう。

作者が帯や序文で無理やり宣伝している。

登場人物が無意味にたくさん死@。

設定が奇抜すぎ

人物の命名センスがなさすぎる。


SF小説[編集]


SFに名を借りた単なる作者の
変身願望小説


舞台が~なだけの痴話喧嘩。
まったくサイエンスしてない。


最新の科学理論を取り入れるも
さっぱり分かっておらず変な使い方をされている。

歴史小説

本の引き写し。

その時代に存在しなかった現代的価値観を持ち出す。

史実を超えて生き延びる。

その時代にあったんかというようなギャグがあるが、ことごとく滑っている。


恋愛小説[編集]

身内など周りから付き合いや結婚を反対される。

恋敵がいる。

どっちかが、病気にかかる。

三角関係はいかにも退場しそうな方が死んで丸く収まる

男が露骨にDQNじみている。


推理小説[編集]

作者が犯人
https://wiki.chakuriki.net/index.php/%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E5%B0%8F%E8%AA%AC%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
アイコン
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.